• 24時間受付 WEB予約

診療科目

Medical
高度なインプラント治療

All-On-4(オールオンフォー)

All-On-4(オールオンフォー)とは、わずか4本のインプラントを埋め込み、その上にブリッジを装着することで10歯以上の役割を担うことができる治療です。

  • 多くの歯を失っている方
  • 重度の歯周病で歯を残すことが難しい方
  • 今、使用している入れ歯(義歯)が合わない方
  • 複数本のインプラント治療費のコストを抑えたい方

そんな方々に適した治療方法になります。All-On-4(オールオンフォー)にはメリット・デメリットがありますので、詳細を下記に説明させて頂きます。

メリット

身体的な負担の軽減、費用的な負担の軽減

欠損治療(失った歯の治療)において、インプラント治療は最良の治療と考えています。ですが、欠損部位(失ってしまった歯の本数)が多い場合、その一つひとつにインプラントを埋入することは身体的な負担、費用面な負担においても大きくなってしまいます。その点、All-On-4(オールオンフォー)なら、欠損部位が多い場合でも、わずか4本のインプラントで10歯以上の役割を担うことができるので、身体的・費用的な負担の軽減を期待できます。


優れた機能性

上部構造(人工の歯の部分)と顎の骨がしっかりと固定されるので、硬い食べ物も気にせずに召し上がることができます。また、固定式なので、家族や友人との旅行時も気にする必要がありません。


優れた審美性

上部構造が天然の歯に近い見た目、汚れが付着しにくい素材で綺麗に並ぶので、非常に優れた審美性になります。また、顎の変形が少ないので、見た目も若々しい状態が維持されます。

デメリット

外科手術を必要とする

他のインプラント治療同様、外科手術が必要となります。但し、当院では痛みや不安を和らげるセデーションという処置も行えますので、安心して治療をお受け頂けると思います。


適応できない場合がある

土台となる顎の骨の状態が悪い場合、状況によって、手術が適応できない場合があります。


治療症例
60代男性
(主訴)入れ歯が合わない
(治療)All-On-4 

最後に

精密義歯(入れ歯)なのか、通常のインプラント治療なのか、ALL-ON-4(オールオンフォー)なのか、いくつかの欠損治療の選択肢の中から、患者様のお口の状態や生活スタイルを考慮して治療のご提案させていただきます。ご不明な点があれば、お気軽にご相談ください。

  • 電話でのお問い合わせ
  • アクセス
  • WEB初診予約