診療時間中は休まず診療

ご予約、ご相談はこちら
045-753-8081
訪問歯科のご相談 090-8846-8081
専門学会 指導医・専門医による
インプラント治療
詳しくはこちら
“目立ちにくい”マウスピース矯正
インビザライン®
詳しくはこちら

こんにちは。やまざき歯科医院 院長の山﨑です。
当院が最も大切にしているのは、
「歯科関係者である私達自身が本当に受けたいと思える治療、そして、自身の家族にも受けてもらいたいと心から思える治療を患者様に提供する」
この指針を大切な軸として、日々、歯科治療に向き合っています。
皆様の大切な健康をお口の健康を通してサポートしたいと考えています。
お口のことでお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

院長・スタッフ紹介

commitment3つのこだわり

...

1.痛みが少ない治療

「歯科治療は痛いもの」そんなイメージを抱きやすいですが、当院では痛みの排除のために様々な工夫をしています。

例えば、麻酔針は33Gの極小の麻酔針を使用し、穿刺時の痛みをできるかぎり抑えるようにしています。また、穿刺前も状況に応じて表面麻酔を行っています。麻酔注入時も注入圧で痛みを生じやすいので、電動麻酔注射を使用し、感覚だけに頼らず、一定の圧力で麻酔を注入しています。注入する麻酔液においても、麻酔液を人肌まで温め、注入時の刺激を抑えています

一般的な治療における痛み緩和の工夫に加えて、当院では痛みが少ないレーザー治療にも力を入れています。レーザーの波長に合わせて使い分けています。「ウォーターレーズ」というレーザーは霧状の水を虫歯の部分に照射するだけで虫歯が削れてしまう優れものなので痛みがほとんど生じません。なので、主に歯を削る際に使用しています。「半導体レーザー」は止血効果が優れているので歯肉を切る際に使用しています。「YAGレーザー」は虫歯菌や歯周病菌を殺菌する効果が高いため、再発予防として使用しています。一般的な治療に組み合わせてレーザーを使用することで痛みが少ない治療を提供できます。

...

2.精度の高い治療への拘り

当院では精度の高い治療を行うために拡大視野下での治療を行っています。一般的に肉眼の分解能は0.2ミリと言われていますが、この分解能では歯科治療全てを網羅することが出来ません。とりわけ、歯と歯肉の際(マージン)や歯の根の中(根管内)の処置は肉眼の視野だけでは不十分です。当院では、肉眼の約20倍視野下の「マイクロスコープ」や約6~8倍視野下の「拡大鏡」を状況に合わせて使用しています。経験による感覚だけの治療は行いません

加えて、当院ではデジタルを活用した歯科治療(デジタルデンティストリー)に注力しています。「CTを活用した3次元画像で正確な診査・診断」、「光学口腔内スキャナーと修復物の設計ソフトとの連携により作製する高精度の修復物」、「光学口腔内スキャナーと矯正治療のシミュレーションソフトが連携することによる精度の高い治療後予測(iTERO®)」など、デジタル機器を最大限活用し、精度の高い治療の提供に努めています。

...

3.徹底した感染症予防対策

昨今、歯科治療における感染症予防対策が注目されていますが、当院では開業当初より力を入れています。治療器具用の滅菌器は世界で最も厳しいと言われている欧州基準(クラスB)に準拠したバキュクレーブ31B+®を使用しています。また、上記の滅菌器で滅菌処理が出来ないハンドピースはDACユニバーサル®という専用の機器を使い、洗浄・注油・滅菌をしています。このハンドピースですが、2017年の厚生労働省の研究班による実態調査では、使い回しの歯科医院が約7割いたという驚くべき調査結果でしたが、当院では、勿論ハンドピースは患者様お一人毎に交換しています。

上記に加えて、エピオスエコシステムという殺菌水(次亜塩素水)を精製し、院内を循環するようなシステムを完備、全ユニット(13台)に口腔外バキュームを設置し、エアロゾルが飛沫しなようにしています

この他にも、エアカーテンを設置している手術室もあり、インプラント手術などの清潔な環境が求められる治療にも対応出来る環境を備えております。患者さんに安心して治療を受けて頂けるよう徹底した感染症予防対策を講じています。

Schedule診療日

Appointment予約状況

Knowledge歯の豆知識

instagramインスタグラム