歯の豆知識

knowledge

インプラントのスペシャリストがいる~インプラント認定医~

こんにちは!横浜市磯市区の歯医者、「やまざき歯科医院」です。

みなさんが「インプラント治療をしよう」と思った時に、選ぶポイントや基準はありますか?

実はインプラントの手術や治療というのは、特別な資格があるわけではありません。
「歯科医」であれば、インプラントの治療は誰でも行えます。

「えぇ…詳しくないかもしれないのに、それは怖いな…」と思った方。

そんな方にとって、今日は有益な情報をお伝えします。
インプラントのスペシャリスト、「インプラント認定医」のお話です。

この記事を読んで、ご自身でもしっかりインプラントに詳しい専門医を見つけてくださいね。

「インプラント認定医」とは

日本を含め、世界中に「インプラント認定医」という資格がありますが、それぞれ取得の難易度が異なります。

認定医の取得まで何年も経験や勉強を積んでようやく与えられるものから、たった1日の研修に参加すればもらえる認定医など、「インプラント認定医」というだけでは、本当に信頼できる技術を持っているのかどうか分かりません。

では、その中で、より多くのドクターに支持されているインプラント学会とは、どこなのでしょう?

まず、日本国内においては、「日本口腔インプラント学会」という学会を抜いては語ることはできません。

なぜならば、日本口腔インプラント学会は、「厚生労働省として唯一認めているインプラント治療に関する学会」だからです。

そして、専修医や専門医などと名称が付くほど、「確かな知識と技術を有した歯科医師」と認定されています。

さらに、世界に目を向けると、より多くの優れた学会が存在します。 AO(アメリカインプラント学会)、EAO(ヨーロッパインプラント学会)…そして、ICOI(国際インプラント学会)です。

その中でも、世界の中でその歴史と専門性に関する認知度という観点から評価すると、やはりICOI(International Congress of Oral Implantologists…国際インプラント学会)は、無視できません。

当院の「インプラント認定医」

当院(やまざき歯科医院)の院長もインプラントスペシャリストです。

【院長 略歴】
・ドイツ口腔インプラント学会認定医・指導医
・国際口腔インプラント学会認定医・指導医
・日本インプラント学会 会員
・AAID アソシエートフェロー(指導医)
・IDIA認定医(アメリカインプラント学会)

先ほどの「認定医」のお話でお話しした、優れた学会を覚えていますか?
院長は、その学会の多くを卒業されています。

つまり、インプラントの専門医としての「知識や技術力」も十分に備わっていると言えます。

歯科医の腕だけではない、「信頼関係」の大切さ

これはインプラントに限らず言える事でもありますが…

高額な治療費や外科手術、長期的な治療に制限…様々なストレスもかかってきます。

そんな中、不安や痛みを打ち明けられず、医師の一方通行な治療方針やコミュニケーションのない端的なやり取りだけ。

このような状況で、何年も治療を続けたいと思いますか?

当院はそのような状況で患者様に治療をしてほしいとは思っていません。

ですので、インプラント治療においては、事前のカウンセリングや精密検査もしっかり行い、患者様がご納得できる治療方針を話し合える時間もしっかりあります。

もちろん、インプラントに限らず些細な相談や気になる事、いつでも気軽にご相談くださいね。

当院のインプラントについて、もっと詳しく知りたい!という方もぜひ当院へご相談ください。

~当院のインプラント治療のご紹介~
https://www.dental-yamazaki.com/treatment/implant.php